地図・事務所情報はこちら
  • 司法書士・土地家屋調査士の資格がございますので一般的な相続はもちろん、土地・不動産関係にも幅広く対応できます。お気軽にご相談下さい
  • 相続での名義変更サポート
  • 売買での名義変更サポート
HOME > 売買での名義変更

売買での名義変更

売買での名義変更

売買での名義変更のイメージ

不動産業者から紹介等により司法書士が取引の立会いを行い、売買での名義変更を、することが多いのではないでしょうか。

それぞれの方に司法書士を決める決定権があります。司法書士を選定するうえで特に希望がなく、同意のうえで紹介を受け、決めるのであればよいのですが、不動産という大きな買い物です。司法書士について、少し考えてみませんか?

売買においての名義変更の流れは、不動産業者を介して、不動産の売り手(売主)と不動産の買い手(買主)とで不動産売買契約を結んでおき、決済日に不動産の引き渡しや売買代金の引き渡し。登記名義の名義変更となります。ここで司法書士は、決済日に間違いなく登記名義の名義変更がされるように、不動産売買が支障をきたすことなく終了するよう立会いを行います。司法書士はどのような仕事をしているのかわからない方も多いと思いますので以下でご説明致します。

売買による名義変更の際の司法書士の仕事

1. 売買契約の締結

買主が手付金を売主に支払い売買契約が締結されます。
決済においての立会いを司法書士に依頼することにより司法書士の仕事が始まります。

2. 売買物件の調査

売買される物件に漏れがないかの確認。私道部分において共有持分となっているものは無いかなどの確認をします。
担保権の抹消の必要があるか、不動産の売り手(売主)の住所や氏名に変更はないか、など不動産の買い手(買主)へ安全に登記名義の名義変更が行われるよう登記内容を検討します。

3. 事前の確認作業

担保権を抹消する際に必要になる書類の確認や権利証の確認を行います。
事前の調査と確認した後、決済日に登記名義の名義変更をすることに支障がないと判断してから、登記に必要になる書類の作成を行います。

4. 決済(立会い)

登記に関わる人や、その人の意思、登記に関わるもの、の確認を行い、最終的にお売買を行っても大丈夫かの判断をします。決済後、法務局へ申請を行います。

5. 登記完了

登記の申請を法務局へ行った後、1週間~10日程で法務局の登記が完了します。司法書士が不動産の権利証(登記識別情報)を受け取り、不動産の買い手(買主)にお届けします。
売買による登記名義の書き換えは、上山奉伯事務所でサポートしております。お気軽にご相談ください。

新着情報

一覧を見る

2012/09/01

相続の手続きについて、不安に思う事はまず専門家にお任せ下さい。

2011/08/30

相続による不動産の名義変更など各種名義変更は当司法書士事務所の専門家にご相談下さい。

2011/08/15

姫路市を中心に・龍野市、高砂市、加古川市まで出張個別相談受付中!
その他地域もご相談下さい。

住所
〒670-0901
兵庫県姫路市西二階町19-1
最寄駅
JR姫路駅
営業時間
月~金…9:00~17:00 土・日・祝日 事前予約で対応可能
休業日
第2、第4土曜日、木曜日、日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら