地図・事務所情報はこちら
  • 司法書士・土地家屋調査士の資格がございますので一般的な相続はもちろん、土地・不動産関係にも幅広く対応できます。お気軽にご相談下さい
  • 相続での名義変更サポート
  • 売買での名義変更サポート
HOME > 土地家屋調査士業務

土地家屋調査士業務

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは、土地や建物の測量及び不動産の表示に関する登記の専門家です。所有者の依頼により登記申請を代理して行うため、土地や建物がどこにあり、どのような形状や大きさなのか、どのように利用されているかなどを調査、測量して図面を作成します。

土地家屋調査士の主な取り扱い業務
1.土地の場合
土地表題登記 道路の払い下げ等によって表題登記がない土地を所有した際に登記簿を作る
分筆登記 一筆の土地(一個の土地)を分割して二筆以上の土地(二個以上の土地)として登記する
合筆登記 隣接する二筆以上の土地をまとめて一筆の土地として登記する
地目変更登記 登記簿記載の地目と土地の現状が違う場合に登記内容を変更する
2.建物の場合
建物表題登記 建物を新しく建築したときに、一番最初に建物の所在を登記簿に登録する
建物表示変更登記 建物を増改築したり一部取り壊したりして床面積に変更があった場合に登記内容を変更する
建物滅失登記 建物を取り壊した場合に登記する
3.その他
現況測量 土地の現状をあるがままに観測し、測量図を作成する
境界確定測量 隣地所有者との立会い及び確認のもと、境界を確定させ測量する
境界標の設置 隣接地との境界が曖昧なとき、隣地所有者の立会い、確認のもと強化意表を設置する
土地家屋調査士とよく間違われる類似の資格・業務
測量士
測量士は、国土地理院が行うすべての測量の基礎となる「基本測量」、国または公共団体が経費を負担する「公共測量」などを行います。土地家屋調査士は、測量をして登記に反映させています。
つまり、測量士は、登記業務はできず測量のみを行います。
不動産鑑定士
不動産鑑定士は、不動産の価格を鑑定する専門家です。国や都道府県が一般に土地の適正価格を公表するため、地価公示や地価調査の制度をはじめとして、公共用地の買い取り、相続税標準値の評価、固定資産税標準宅地の評価、裁判上の評価、さらに不動産に関するコンサルティングなども行います。
土地家屋調査士とは業務が異なります。
地盤調査、地質調査
建物を支える基礎の地盤が建物を安全に支えることができるか、また安全に支えるための方法を調査することを地盤調査といいます。
この調査で判明した地盤強度などのデータを基に設計を行い、構造物を施工します。
これは土地家屋調査士とは関係なく、地盤調査会社や地質調査会社が行う業務になります。
建物診断
建物を長期間維持するために、建物や設備機器などの現状の調査、現在の耐震基準と比べた耐震診断、建物の劣化状態を調査する劣化診断などを行い、その結果から必要な対策をとることを建物診断といいます。これは土地家屋調査士とは関係なく、建築設計事務所、建設会社などが行うものです。
家屋調査
建物の解体前や新築工事着工前に、隣接する建物に与える影響を調査し報告書にまとめることを家屋調査といい、工事の後に建物を調査したり、保証金を算定したり、近隣住民との保証金の交渉も行います。
これは、土地家屋調査士とは関係なく、調査会社が行います。

新着情報

一覧を見る

2012/09/01

相続の手続きについて、不安に思う事はまず専門家にお任せ下さい。

2011/08/30

相続による不動産の名義変更など各種名義変更は当司法書士事務所の専門家にご相談下さい。

2011/08/15

姫路市を中心に・龍野市、高砂市、加古川市まで出張個別相談受付中!
その他地域もご相談下さい。

住所
〒670-0901
兵庫県姫路市西二階町19-1
最寄駅
JR姫路駅
営業時間
月~金…9:00~17:00 土・日・祝日 事前予約で対応可能
休業日
第2、第4土曜日、木曜日、日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら